“ウィンク”の漢字の書き方と例文
語句割合
流し目100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は、すれ違った瞬間に受けた職業的な、いやらしい流し目ウィンクを、いつまでも舌打ちをしながら思い出し、よくもまあ、あの時、崖の上から突飛ばさずに、無事に帰って来たものだ——とすら思われた。
腐った蜉蝣 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)