“アルマジロ”の漢字の書き方と例文
語句割合
穿山甲100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに今となっては、何を言おうが何をしようが、凡てを閉じ円くなって武装した穿山甲アルマジロの様に、彼は何ものをも知覚しないであろう。
南島譚:03 雞 (新字新仮名) / 中島敦(著)