“わんわん”の漢字の書き方と例文
語句割合
湾〻100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水は湾〻わんわんと曲り込んで、そして転折して流れ去る、あたかも開いた扇の左右の親骨を川の流れと見るならばその蟹目かにめのところが即ち西袋である。
蘆声 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)