“わびじょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
詫状100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——が、これは未然にさとくも信長の知るところとなって、当時、安藤伊賀の一味は、詫状わびじょうを入れて、一応、すんだ問題になっている。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「黙ンなせえ」と、不伝は威圧をかせて——「おれの身寄りを、おれの眼が見違えるか。世間には、他人の空似ということもある。ヘタな真似をすると、奉行以下、詫状わびじょうぐらいではすまさんぞ」
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)