“やういうき”の漢字の書き方と例文
語句割合
養由基100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
源爲朝養由基やういうきをして射らしむるも、やがら直からず、羽整はずんば、馬を射るもまた中らざらんとするのは、睹易き道理である。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
PR