“やいばた”の漢字の書き方と例文
語句割合
焼畑100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
川岸からよっぽど高いところまで峻しい岩腹ごうろで、そのほうへ、ずっと石垣を畳んだ段々の焼畑やいばたになっている。
生霊 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
PR