“みすざ”の漢字の書き方と例文
語句割合
御簾座100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが、ここに一人の烏天狗だけは、人々の狼狽ぶりをよそに、スーと抜けて、もとの酒宴の御簾座みすざの方へ、消え入るごとく走りかけた。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)