“へいざい”の漢字の書き方と例文
語句割合
併在100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今になって見れば、もっと他の、学者としては最も当然な、つ最も高尚な悩みもあったのだが、それはむしろ原因ではなくて、単にその時期に併在へいざいしたと見るのが至当であろう。
闘争 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)