“ふでぶしょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
筆不性50.0%
筆無性50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕は元来筆不性ふでぶしょう以上に読み不性で、日々の雑誌など読むためしがないので、文芸時評はやらないことになっていたが、東京新聞のヨリタカ君は彼が帝大生での主将をしていた時代、ふと知りあい彼は僕に碁の教授をしてくれた。
インチキ文学ボクメツ雑談 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
例の筆無性ふでぶしょうで三度に一度の御返事もあげませんでしたが。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)