“ひょうとうかんがん”の漢字の書き方と例文
語句割合
豹頭環眼100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
豹頭環眼ひょうとうかんがん、張飛がそういってくわっとめつけると、賊の小方らは、足もすくんでしまったらしいが、まだ衆をたのんで、
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)