“ばりどごう”の漢字の書き方と例文
語句割合
罵詈怒号100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう言って、闇中から罵詈怒号ばりどごうした神尾主膳の一言に、隠亡どもの驚愕狼狽はたとうるにものなく、焚火を踏み越え、卵塔を飛び越えて闇中を逃げ出しました。
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)