“ばいどうくにまさ”の漢字の書き方と例文
語句割合
梅堂国政100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その画家は豊原国周とよはらくにちかを第一として、次に梅堂国政ばいどうくにまさ楊州周延ようしゅうちかのぶなどで、芳幾はあまり錦絵を描かないようであった。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)