“ばいかこう”の漢字の書き方と例文
語句割合
梅花香100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かわしましたが万太郎は、その切ッ先に手の甲を掠められて、ピッと散った冷たいものに、はッと気をすくめると、そのせつなに、艶めいた梅花香ばいかこうかおりがプンと鼻先を一過して、相手の影は風を残して疾走している。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)