“はくろうかん”の漢字の書き方と例文
語句割合
白琅玕100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
月のせいばかりとも思われぬその顔は、白琅玕はくろうかんを浮き彫にしたような、好ましい白さと、くッきりした線を描いている。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と微笑を見せたが、その顔はいかにも苦しげで、そして白琅玕はくろうかんのように蒼白かった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)