“はくせきたんれい”の漢字の書き方と例文
語句割合
白皙端麗100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とにかく、勇猛な美男なのだ。しかも白皙端麗はくせきたんれいおもてに、一本の針を置いたように右の眼が細く一文字につぶれている。——どうも、信長でも、少々手に余したお小姓に思われた。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)