“とほうみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
遠海100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠海とほうみも、大河も、町の家並も、汽車も、凡て八月のこの曇つた一日を平和に送つてゐるらしく見えた。
少年の死 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
きりれゆけば遠海とほうみ
全都覚醒賦 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)