“たまがら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
弾殻50.0%
玉柄50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして征服者の大軍の通り去った野に落ちちらばった弾殻たまがらを拾うような仕事に甘んじると同じような事になりがちである。
備忘録 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
三「へえ……まず此方こちらへお上りなさいまし、一切親類付合で、今ちょいとお酒が始まった処で、これから美代ちゃんのおあにいさまになるお方で、へゝゝ何うぞ此方へ入らっしゃいまし…………へえ何うも是は玉柄たまがらで、このくらいなステッキは有りませんな、何うも一切違いやすね…………さア此方へ/\」
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)