“ぜいぼくしや”の漢字の書き方と例文
語句割合
筮卜者100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文界の筮卜者ぜいぼくしやは幾度となく劇詩熱の流行を預言せり、然るに今年までは当れるにもあらず、当らぬにもあらず、これといふ傑作も出ざれば、劇詩の流行とも言ふべき程の事もあらず。
劇詩の前途如何 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)