“ぜいびのうこう”の漢字の書き方と例文
語句割合
贅美濃厚100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、いつぞやの清雅淡味せいがたんみと趣をかえて、その日は、贅美濃厚ぜいびのうこう盞肴さんこうをもって、卓をみたした。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)