“ぜいたくごと”の漢字の書き方と例文
語句割合
贅沢事100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、どんな贅沢事ぜいたくごとにも飽いている灰屋紹由すらが、神妙に感嘆してしまう。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)