“すわりずまふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
居相撲100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、ありがたい事には力三は平気な顔で兄と居相撲すわりずまふか何か取つて、大きな声で笑つて居た。
お末の死 (新字旧仮名) / 有島武郎(著)