“すいりゅうこつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
水竜骨100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おおしだ等水竜骨すいりゅうこつ科の隠花いんか植物が群生し、木漏日ももらさぬ薄くらがりに、大きな葉をひろげた広葉天南星ひろばてんなんせいや、まむしそうなどが思うさまにその成長をつづけ
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)