“じっぽうへきらく”の漢字の書き方と例文
語句割合
十方碧落100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道案内の徳川家の諸臣、まわりの旗本、諸大将以下、行軍のものすべてを置去りにして、ただ一騎、十方碧落じっぽうへきらくのうちへその影は、一羽の小鳥の如く溶けて行った。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)