“じだいば”の漢字の書き方と例文
語句割合
時代食100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
廃嫡された鳥小屋があり、その前に遊園地の番人の家が、切張だらけの時代食じだいばんだ障子を、新時代の光に——初夏の日に——骨をらして立っていた。
奥さんの家出 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)