“じだいきょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
自大狂100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いるだんじゃない。自大狂じだいきょう大気焔だいきえんを吐いている。近頃は立町老梅なんて名はつまらないと云うので、みずか天道公平てんどうこうへいと号して、天道の権化ごんげをもって任じている。すさまじいものだよ。まあちょっと行って見たまえ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)