“じたいてん”の漢字の書き方と例文
語句割合
地泰天100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お色は俯向いて歩いていた。顔を上げると屋敷があった。門に看板が上がっていた。地泰天じたいてん卦面けめんを上部に描き、周易活断、績善堂、加藤左伝次と記されてあった。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)