“じぞうまゆげ”の漢字の書き方と例文
語句割合
地蔵眉毛100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今はもう四十五六にもなって、しばらくやっていた師匠を止めて、ここの世話をやきに来ているのであったが、地蔵眉毛じぞうまゆげが以前より目立ってほおげたけれど、涼しい目や髪には、お婆さんらしいところは少しもなかった。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)