“じぞうぼん”の漢字の書き方と例文
語句割合
地蔵盆100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十日目、ちょうど地蔵盆じぞうぼんで、路地にも盆踊りがあり、無理に引っぱり出されて、単調な曲をりかえし繰りかえし、それでも時々調子に変化をもたせて弾いていると、ふと絵行燈えあんどんの下をひょこひょこ歩いて来る柳吉の顔が見えた。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)