“しんてつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
滲徹100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
開国の必要と云ふことが、群集心理の上に滲徹しなかつたのは、智慧の秘密がく保たれたのである。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
此秘密は群集心理の上には少しも滲徹してゐなかつたのである。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)