“しんちうみが”の漢字の書き方と例文
語句割合
眞鍮磨100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな話をして居るところへ、赤前垂に、型の如く片襷をかけたお常が、眞鍮磨きの釜から湯をくんで、新しい茶を入れて持つて來てくれます。
平次は火鉢に突つ立つて居る、眞鍮磨きの逞ましい火箸を取ると、凧絲の一端に結び、その結び目のところを、絲を少しほぐして、寄れば直ぐ切れるやうにして置きます。