“しんたんりょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
薪炭料100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや、僕たちは薪炭料を納めているから、物置きの中の石炭は皆僕たちのものだ、自分のものを持ってくるのが泥棒かい?」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「四年五年では石炭がないと、腰掛けをこわしてたく。薪炭料を出させておいて寒い思いをさせるんだから、それぐらいのことをやってもいいんだ」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)