“しんげんざわ”の漢字の書き方と例文
語句割合
信玄沢100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうしてお蝶が峠の二合目あたりを辿って行くうち、信玄沢という低地を、近廻りして、何者でしょうか、ざわざわとかき分けて来る者がある。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
信玄沢の河原に、自然木で組んだ形ばかりの山小屋がある。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)