“しんいつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
神逸100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
王氏はいっそう気づかわしそうに、こう説明を加えました。廉州れんしゅう先生はまだ翁から、一度も秋山しゅうざん神逸しんいつを聞かされたことがなかったのです。
秋山図 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)