“しょうやかたぎ”の漢字の書き方と例文
語句割合
庄屋気質100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幸兵衛と半蔵とはかなり庄屋気質を異にしていた。不思議にも、旅は年齢の相違や立場を忘れさせる。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ただただ平助は昔風の庄屋気質から、半蔵と共に旅の心配をつのほかはなかった。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)