“しょうほうじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
正保寺50.0%
正法寺50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
玉井家は、正保寺町に移転していた。前の新仲町とは裏表で、一町とは離れていない。新築したのである。長男の勝則の外はみなこの家で生まれた。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
売り、薄暗くなってから、お寿に送られて新鳥越まで来て、正法寺の前で別れたんだそうですが、——これはお寿の言い分ですよ、親分