“しょうないなるべしだん”の漢字の書き方と例文
語句割合
荘内可成談100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのときには必ず火災があると申しておるが、『荘内可成談』に出ておる話によるに、「放火の賊が自ら放火せんと謀り、あらかじめ火柱が立つといえる虚言を伝えたることあり」
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
その一例として、『荘内可成談』の中に出でたる、妖怪を偽造せし話を転載しておく。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)