“しょうじんや”の漢字の書き方と例文
語句割合
精進屋100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
現在は出羽の三山詣での場合のみに堅実に守られているだけだが、伊勢でも熊野でも、以前は発足に先だって精進屋に入り、まず身を養って行く食物から改めてかかった。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
三山の行人などはオヤワラと名づけて、今でもこれを精進屋の食事にしている。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)