“しょうじょうばかま”の漢字の書き方と例文
語句割合
猩々袴100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
引き返して斜面を登る、白根葵が薄紫の大きな花を挿して、オオバセンキュウや猩々袴の生えた中に笑み傾けている。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
東側は草地続きで、二、三の雪田が横たわり、猩々袴、白山小桜の外にこれまで見なかった大桜草や白山千鳥などが近くに咲いている。西側には偃松が多い。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)