“さるかじゃ”の漢字の書き方と例文
語句割合
猿冠者100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや遊ぶにかけては、あの猿冠者さるかじゃのほうが、飽きもせず、達者でおざった。此方は飲むばかり、飲めばどこへでも、他愛のう寝てしもうたが」
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)