“くろだぶぜんのかみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒田豊前守100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「この正月の三日に黒田豊前守くろだぶぜんのかみ下屋敷しもやしきの金蔵を破るつもりで、お廃止になっている青山上水の大伏樋おおふせどへ麻布六本木あたりから入りこみ、地面の下を通って芝新堀まで行き、金蔵に近い庭さきへ出たところを見まわりの金蔵番に見つかってつかまってしまったんです」
顎十郎捕物帳:13 遠島船 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)