“くろしょいん”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒書院100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
君臣の別をみだることは、加藤家の問題ではなく、公儀自身に影響する問題であるとともに、黒書院くろしょいんに居流れた人々の、立場は、加藤明成と皆同じであった。
討たせてやらぬ敵討 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)