“きりづまいた”の漢字の書き方と例文
語句割合
切妻板100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
顎十郎は、ひょろ松のうしろについて、ノソノソと玄関の踏石へおりながら、切妻板のむこうの壁の凹所のほうを眺めていたが、なにを見たのか、とつぜん
顎十郎捕物帳:14 蕃拉布 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)