“きりすてごめん”の漢字の書き方と例文
語句割合
斬捨御免100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は両刀を腰に横たえて、天下の良民たる町人・百姓等を低く眼下に見下ろし、素町人土百姓と軽蔑して、場合によっては斬捨御免という程の権力をも有したものであった。