“きりしたんいっき”の漢字の書き方と例文
語句割合
切支丹一揆100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その結果、幸いにして回復に近づいたが、この時勃発したのが、九州の切支丹一揆であった。そして、忠利の健康が完全に立ち直っていなかったためであろう。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)