“きりげた”の漢字の書き方と例文
語句割合
桐下駄100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翁は旧友から貰ったという竹製のカンカン帽に、手織木綿縞の羽織着流し、青竹の杖、素足に古い泥ダラケの桐下駄、筆者は五リン刈の坊主頭に略法衣、素足に新しい麻裏という扮装である。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)