“きらゝごえ”の漢字の書き方と例文
語句割合
雲母越100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その日のゆうぐれ宿坊へ戻り候わんとてすでに雲母越にさしかゝり候おりふし、俄かに物蔭よりおどり出でたる人のさまにて
二人の稚児 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)