“きよふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
倨負100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
余輩は綿々たる我皇統を歴史上に於て倨負するの念なきにあらず、然れども滔々たる世界の共和思想の逆流に立つて、どこまでも旧来の面目を新にするらん事を、熱望するものにはあらず
一種の攘夷思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)