“きよつち”の漢字の書き方と例文
語句割合
浄土100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
曩昔の東下りの御板輿を白き柩車に乗り換へて、今こそ君は浄土の西の京へとり玉はめ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)