“きょどうろく”の漢字の書き方と例文
語句割合
虚堂録100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
和州南都の人で、詩文に深く、草書を能くし、泰勝院細川幽斎公のために、宝永年間、虚堂録提唱し、また、折中録は一世に行われた良著だともいわれている。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)