“きょじゅうざが”の漢字の書き方と例文
語句割合
居住坐臥100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も、暴富を積んで宝がに身の仇、いつ何どき、いかなる禍いが身に及ぶかと、絶えず畏怖心から離れられぬ広海屋の主人は、居住坐臥、一刻一寸も警戒を忘れることは出来なかったので
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)